トーンモバイルの位置情報、GPS機能はカーナビにも使えます!

トーンモバイルのm15にGPS機能が搭載されているので位置情報がわかります。格安SIMではGPSが使えないとか使えるといった情報が飛び交っていますが、それらについても詳しく解説していきたいと思います。

GPSとは?

アメリカが軍事用に打ち上げたGPS衛星からの信号を、GPS受信機で受けとり、受信者が自分の現在の位置情報を知ることができるシステムです。

トーンモバイルでは、子供やシニア向けに作られているためGPSの搭載が必要不可欠であり、重要な機能となっております。

トーンモバイルGPSのメリット

GPSがあるだけで、以下のようなメリットがあります。これらがあるとないとでは天地の差がありますね。

・現在いる場所の周辺情報を知ることが出来る
・TONEファミリーで家族の位置情報を把握できる
・TONEスマホを紛失した場合に探すことが出来る
カーナビとして使うことが出来る!

特に、トーンモバイルではTONEファミリーのページにおい、て登録しているTONEスマホのその日の位置情報が明確にわかるため、結構面白いです。

TONEファミリー 位置情報

お子さんがどこへ行っていたのかも一目瞭然ですし、TONEスマホを紛失した場合にもどこでなくしたのかがすぐにわかります。

近くの飲食店探しにも

また、飲食店やカフェなどを探すのにもGPS機能があれば周辺情報を手に入れることが出来るので本当に役に立ちます。

知らない街へ行った時でも、食べログやぐるなびなどで「現在地から探す」という検索方法が出来るので、すぐに自分の行きたいお店を探すことが可能です。GPSで位置情報を確認しながら行けば迷子になることもありませんし最高です。

トーンモバイルをカーナビに

トーンモバイル カーナビ

私はよくスマホのGPSをカーナビとして利用しています。グーグルマップのカーナビを使っているのですが、「どこを右に曲がります」としっかり地図と音声でナビゲーションしてくれるので、実際のカーナビとなんら変わりません。実際のカーナビ同様、女性のアナウンスです。トーンモバイルのm15はアンドロイドですのでデフォルトでグーグルマップが入っていますよね。なので簡単に始めることができます。

以下がトーンモバイルのGPS機能でカーナビを使う方法です。

<カーナビとして使う方法>

Googleマップ カーナビ

トーンモバイルのホーム画面にあるマップを開きます。次に「目的地」を入力し、「右下にある青い円」を長押しします。

するとグーグルマップがカーナビ版になるのです!

もちろんスマホ片手に運転してはいけませんので、専用のスタンドを利用するか、どこかに置きながら運転してください。

右折や左折などの時は、普通のカーナビ同様に音声で支持してくれるので安心です。

トーンモバイルはアンドロイドなので最初からグーグルマップが入っていますし、操作もとても簡単なのでぜひ利用してみてください。

トーンモバイルGPSのデメリット

トーンモバイルのGPSを利用していて唯一感じたことが、
バッテリーの減りが早くなるということでした。

トーンモバイル渋谷店へ訪問した際に、そのことを店員さんに聞いてみたら「減りが早くなる」と率直な答えをいただきました。

GPS以外でも、必要ない場合には「ブルートゥース」もOFFにした方がバッテリーの持ちが良くなるとのことです。

ですので、トーンモバイルで一日中GPSを作動している場合には、TONEスマホのバッテリーが一日で尽きるくらいに考えて利用してください。

とは言いましても、様々なシーンで役立つ便利なGPS機能、まだまだ私も知らないような便利なGPSアプリがたくさんあると思います。

トーンモバイルのTONEファミリーやカーナビだけでなく、GPS機能をフル活用してみましょう!

随時キャンペーン開催中!

トーンモバイル ボタントーンモバイル ボタン2

 

トーンモバイルで気になる「お金の話」「スペックの詳細」「サービス内容」「驚きのサービス」など色々とチェックしてみてください!

全ての記事の【目次】はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

TSUTAYAの格安スマホ「トーンモバイル」を使ってみたTOPページへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。